大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.着物.ドレスをネットレンタル
ネットレンタルで失敗した方からのお問い合わせが多いです。
通販やネットショップで服を買った時も役に立つサイズ選びのお話です。

過去にネットレンタルをした際に、サイズで失敗した方の主な原因は?
値段だけで選んでしまった。
普段着の号数で選んでしまった。
SMLだけ見て選んでしまった。

フォーマルなドレスや着物の生地は普段着のように伸びません
なので
普段着と同じサイズでは入りません。

フォーマルな服はデザインをカッコ良く見せるため
ウエストを絞って「くびれ」を作ってあります

普段着のように上から下まで同じ太さではないので
普段着と2〜3サイズ違うのは当たり前で、


中には普段着は17号を着ているというのですが、
ウエディングドレスはようやく入ったのが27号
つまり10サイズ違った人もいました。
でも決して珍しいケースではありません。


サイズで失敗しないためには、
自分の体型を正確に測るのが大切な事がお分かり頂けましたでしょうか?

服の場合は「出来上がり寸法」と「ヌード寸法」に注意
出来上がり寸法= 服の実寸です
ヌード寸法= 実寸より4cm程度小さいです

実寸と体型が同じ場合はパツパツで曲げ伸ばしができず身動きが取れません。
座るときはお尻が出ますし、歩くためには関節が曲がりますし、下着も着けます
実寸に余裕が4cmないと着て歩けないのです。
その分4cmの余裕がないとダメなんです

着物の場合は身巾の総巾(衽+前巾+後巾+後巾+前巾+衽)に35-40cm合わせ目がないと着れません。
(例:身幅140cmの着物はヒップ100cmまで(ギリギリ105cm))
さらに着物は帯より上の部分が狭いので、バスト100cmを超える方は
ヒップサイズよりも10cm多く必要です。
(例:ヒップ100cmまでと表示されている着物はバスト換算でバスト90cmまで)
(例:身幅140cmの着物はヒップ90cmまで(ギリギリ95cmまで))


各部分の詳しい測り方、選び方は「着物の測り方」「ドレスの測り方」「女袴の測り方」
「男紋付の測り方」「男袴の測り方」のページにありますので見て下さい

サイズ・ブランドで選ぶ

測り方・選び方・情報

モバイルショップ

サイズ・ブランドで選ぶ

測り方・選び方・情報