大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをネットレンタル
サイズの測り方

*どの着物が着れるのか分かるには、
まず自分のサイズを測って
知ることがスタートです


【着物のサイズの測り方】
《ご用意いただくもの》 メジャー(100円ショップの手芸コーナーにあります。100円メジャーでも「くまちゃんメジャー」は長さ2メートルあるのでオススメです。)

【裄(ゆき)とは】
裄丈は肩幅ではなく"着物の背中心から手首までの長さ"です。
上の写真のように腕を"ななめ45度に上げた状態"で、首の付け根の中心にあるぐりぐり(骨) から肩の頂点を通って、手首のぐりぐり(骨)までの長さ"を測ります
メジャーで測る際は、首の付け根中心から肩の頂点までは肩に沿ってやや曲線的になり、肩の頂点から手首の骨までの部分は腕に沿って直線的になります。

※必ず腕を斜め45度まで上げて測ります。角度で10cm近く違ってきます。
腕を真横に開くと短すぎ、真下で計ると長すぎるので注意して下さい。
写真の黒い矢印2つ全ての長さが「裄」になります。
【ちょうど良い裄丈の長さとは】
普通体型の場合は「実際に測った裄丈にプラスマイナス2cm以内の着物がちょうど良い」ですが、ぽっちゃりな方は「実際に測った裄の長さより+2-3cm長めがちょうど良いです。
特に「バストが大きい、二の腕が太め、背中に肉がある方」は着物の上部が引っ張られ、実際の裄丈より+4-5cm必要な方も多くいます。

【よくある質問 / 身長何cmだと裄は何cm?】
身長が同じでも、腕の長さや肩幅は人により違うので、裄も違います。
さらに、なで肩は短く、いかり肩やぽっちゃりな方は長くなります。
最近は手足の長い方が増えていて、以前より裄は長く必要です。
また着物は従来の日本人体型に合わせて作ってあるため、日本人よりも手足が長い欧米人の場合は、やせていても裄だけがとても長く必要です。

【自分のサイズに合った着物を探していきます】
着物の種類によって選ぶ長さが違います(何を着るのか種類が分からない方は下記参照)
◆留袖や振袖(成人式用の中振袖)、訪問着など通常の着物の「身丈」を選ぶポイント(着物は着丈ではなく「身丈」で選びます。おはしょりをするため。)

【着丈(きたけ) とは】
写真のように首の付け根の中心にあるぐりぐり(骨)から、足首のぐりぐり(骨)までの長さ=※普通の着物はおはしょりをするので必要ありません

【身丈(みたけ)とは】
留袖、中振袖、訪問着など一般的な着物の場合は「おはしょり」(帯の下の部分に折り込みをつける)をつけて着付けを行います。
そのため「着丈」に「おはしょり」の長さを足した長さが「実際に着るために必要な着物の長さ」になります。おはしょりに使う長さは最低でも10cm以上は欲しいです。それでも半分に折るので5cmしかなく、かなりギリギリです。
着丈におはしょり(13〜17cm程度)を足すと身長とほぼ同じ長さになると思います。
着物が身長よりも長い場合は着付(おはしょり)で調節ができますが、
着物が身長よりも短い場合はおはしょりがないため、着ることが難しくなります。

【着丈が関係ない場合】
※小振袖(ニ尺袖)などの「着物の上に袴を履く場合」は「おはしょり」をしませんので着物の身丈も着丈も関係ありません。ただしお腹が出ない長さは必要

【着丈がより長く必要な場合】
※打掛や大振袖をお引きづり(裾を流す)にして着る場合は
おはしょりはしませんが、お引きづりの「着地部分の長さ」がさらに必要です。
大振袖は帯を締めた状態で、打掛は掛下に帯を締めた上に羽織った状態で裾を流します、
完全に着地する裾の部分が最低でも手のひら一つ分以上は必要です。
やせた方で身長プラス20cm以上、ぽっちゃりな方はもっと必要になります。

◆着物の「身幅」を選ぶ際に見るポイント

【胸回り(バスト)】
写真のように左右のバストポイントを通り、胸の一番高い所をぐるっと一周測ります
※着物を着る時はブラやビスチェ、コルセット、パット付きシャツは外して着付しますので、必ず外した状態で測って下さい。万が一、和装ブラを着用する場合は実際に着けた上から測って下さい

【腰回り(ヒップ) 】
写真のように腰の一番太い所をぐるっと一周測ります。
【お腹回り】
お腹ぽっちゃりな方は、おへその辺りまたは一番出ている所をぐるっと一周測ります

◆着物の実際のサイズを見て、着れるかどうかを見ていきます


*着物の各部分の名称

着物各部
実際の着物のサイズを測る場合には写真のように
*身丈は背中心で衿の付け根〜裾まで
*身幅は広げて左端から右端までを測ります(総巾)
*身幅の総巾は『上前のおくみ+上前の前巾+上前の後巾+下前の後巾+下前の前巾+下前のおくみ』を足した物になります
*袖丈は袖の丸みのない側を測ります
*裄は背中心から袖の端までを測ります

着物の選び方
ヒップよりもお腹周りの方が大きい場合は大きい方をヒップサイズとします。
着物の身幅は ヒップ・お腹回りサイズにプラス40cm以上、バストサイズに45-50cm以上 ないと立っているだけでもキツキツで着ることは難しいです。
お腹の大きさやももの太さなどによりますが、車や椅子に座る場合さらに5-10cm余裕が欲しいです
(例:ヒップ110cmの場合、立ち(会場で着付して立食)でも身幅150cm以上必要。車や椅子に座る場合は身幅155-160cm以上必要)

【注意】バスト部分の計算は注意が必要です
着物はバスト部分が三角になっており、ヒップ部分よりも20cm以上狭いです。
そのためヒップサイズで選ぶと胸の部分が狭すぎて合わさりません。
*「バストサイズに5-10cm足して」ヒップサイズとして選んで下さい
(例:バスト110cmの場合はヒップ115-120cm以上用の着物が必要)

※長さが短い(ショート丈)の着物(小振袖など)は特に注意が必要です。
バストで持ち上がり、お腹で持ち上がるので、身幅は15cmほど広い物を選んで下さい。
ショート丈の着物と普通巾の袴と合わせるとぽっちゃりな方は脇から着物の裾が出てしまいますので、ワイド巾の袴にするか、長い着物を選んで下さい
着物の幅が広い場合は着付で調節ができますが、狭いと合わせ目がないため
無理に引っ張って着るので、キツくなり歩く事も座る事も大変です。

【身幅に関する注意】※合わせ目40cmは立っている時の限界サイズです。
会場で着付して移動せず、立食パーティーで会場で脱ぐ、と立ったままなら大丈夫ですが、車や椅子に座る場合はお尻とお腹が前後に出て、ひざが曲がり、ももの厚みも加わります。ぽっちゃりな方は40cmよりも多く身巾が必要です。
※着物を着た時は深く座ると帯やひもがお腹に食い込んで痛くなりますので、浅く座るのが基本です。

着物が手元に無くても、大きさが大丈夫か確認できる方法
(例) 身幅(総巾)140cmの着物が着れるかどうか、座れるかどうか見る場合は、
1.新聞紙を広げて横長にして2枚つないで140cmにします。
2.巻きスカートの様に腰に巻いて洗濯バサミなどで留めます。
巻き方は端が左足の真ん中から巻き始めます。
ぐるっと一周して反対側の端が右足の横まで行く長さがご自身に必要な着物の巾になります。 もし狭い場合は新聞の巾を足して下さい
3.椅子に座ってみます。開くどうか、開き具合がどのくらいかがわかります。
もし座っただけで開いてしまった場合はもっと新聞で広くしていけば、
自分が座るためにどのくらいの巾の着物が必要かが分かります。


*着物に関する認識、実は間違いかも?
バツ【着物はフリーサイズ? 誰にでも合わせられる?】
《いいえ、間違いです》

大きい着物は小さい人に着付できますが、どんなに着付が上手でも小さい着物を大きくする事はできず、体型により限界があります。

バツ【着物は窮屈で苦しい?】
《いいえ、身体の大きさに合ってないからです》
既製品の服や着物は一番売れる=日本人女性の標準体型[身長158cmでヒップ86cm]で作られています。しかしピッタリの方ばかりいません。
体に対して着物が狭いと無理やり合わせるのできゅう屈になり
帯やひもが短いとキツく結ぶので痛く感じます

バツ【ヒップ110cmより大きい着物はないと言われた】
《ないので独自に作りました》
着物が大きければお客様がラクになるのですが、広幅でも5-8cm大きいのが限度。しかも値段は数倍。それ以上の大きさがなくて独自に試行錯誤を重ねて作りました。
着物が大きくても、着付すると帯が足りない、腰ひもが足りない、着物スリップに腕が入らないなどが次々に課題が発生。小物ひとつひとつまで全て大きく作りました。

バツ【他店でLサイズと言われ借りたが入らなかった】
《失敗しない着物選びのための注意点はこちら》
Lサイズは裄(ゆき=腕の部分)が2cm長いだけ。生地巾に限界があり身幅はほとんど変わりません。 当店の大きいサイズは裄、身幅、身丈がそれぞれ大きい物をご用意。サイズ上限は立っている時のギリギリサイズですので座る事は出来ません。またお客様が少しでも大きい場合は着る事すらできません。
《身幅》は立っている時ギリギリ合わさっている状態では小さいです。イスや車に座るとお腹とお尻が出てひざが曲がるため開いてしまいます。そのために合わせ目が必要です。
チェック 《合わせ目は何cm以上ないと着れないの?》
ヒップ又はお腹回りのいずれか大きい方に最低+40センチ以上、バストに最低+50センチ以上ないと着れません。腰太、もも太・がに股の場合には+60センチくらい必要な人もいます。
マル《自分に必要な合わせ目の測り方は?》
《着物を着てずっと立っている場合》(会場で着付、立食パーティ、会場で脱ぐ場合)立った状態で体の一番広い部分をメジャーで脇から脇までを測る(やせた人は35-38cmくらい、ぽっちゃり具合によりますが45-50cm以上になるかと思います)
《着物を着てから椅子や車に座る場合》座った状態でお腹の折れ目部分を脇から脇まで測る(やせた人で40cmくらい、ぽっちゃり具合によりますが50cm以上になるかと思います)
**脇から脇までの巾がその人に必要な着物の合わせ目になります**

(具体例:ヒップ120cmで合わせ目45cm必要な人は、着物の身巾は最低165cm以上ないと着れない)
マル《身丈》は最低でも身長と同じ長さは必要です
チェック《裄(ゆき)》は着付では調節できません。短すぎ、長過ぎないように注意。
マル測り方ページのように腕の角度に注意して肩と腕のラインに沿わせて正確に測って下さい 留袖・振袖・訪問着・打掛など着物のサイズ=裄・身丈・身幅の測り方。
冠婚葬祭イベントの種類、出席する立場による着物の種類と選び方の解説。

【着物の種類】
ひとくちに振袖といっても3種類あるなど、着物は式典の種類と出席する立場によって決まります。(詳しくは「振袖には3種類ある」を参照)

【結婚式】女性の場合
◆花嫁さん 挙式=白打掛、披露宴=色打掛、大振袖(引き振袖)
◆花嫁花婿のお母様 黒留袖
◆花嫁花婿のご兄弟、親戚 既婚の場合=黒留袖、色留袖
◆花嫁花婿のご兄弟、親戚 未婚の場合=中振袖(成人式で着るいわゆる振袖)
◆およばれになる方 既婚の場合=訪問着 
◆およばれになる方 未婚の場合=中振袖(成人式で着るいわゆる振袖)
以前は未婚でアラサー、アラフォーの場合は訪問着を着ていましたが、近年は小振袖(絵羽柄でロング丈)に袋帯を締めて振袖のように着付けをして着る方も増えてきました。(ショート丈や小紋柄の小振袖は向かない)

【成人式】女性の場合
◆ご本人=中振袖(成人式で着るいわゆる振袖)

【卒業式】女性の場合
◆ご本人=小振袖(二尺袖=袴用の振袖)+女袴
身長のある方でしたら、中振袖+女袴(袴の裾より下に振袖の袖が出ないのがおススメです)
◆教師、保育士=訪問着、色無地、小振袖のいずれか+女袴

【七五三、お宮参り】女性の場合
◆母親、祖母=訪問着

【パーティ、長寿のお祝いなど】女性の場合
◆列席 既婚の場合=訪問着、未婚の場合=中振袖、
以前は未婚でアラサー、アラフォーの場合は訪問着を来ていましたが近年は小振袖(絵羽柄でロング丈)に袋帯を締めて振袖のように着付けして着る方も増えています。(ショート丈・小紋柄の小振袖は向かない)

【叙勲】女性の場合
◆叙勲・伝達式の本人・夫人=色留袖


※測るのが面倒な方、分からない方はご来店がオススメ。
ご来店の方には、お店で各部分を測り、座っても大丈夫な 確実に着れるサイズをお貸ししています。
*お問い合わせ* TEL0229-23-8811 (受付時間9:00-17:00*毎週月曜、第3日曜は休み)
LINE電話でTEL0229-23-8811におかけいただきますと通話は無料です



【他店のLサイズ着物と当店のトールワイド着物はどう違う?】
トールワイドサイズ着物のサイズ感
青い着物はLサイズ、下の黒/ピンクの着物は独自開発の超トールワイドサイズ。巾と長さがケタ違いに大きいのがお分かり頂けると思います
「着た方が痛くないために開発した貸衣裳」ですので、従来の「貸すだけの貸衣装」とは目的が違います。いままでサイズ選びで失敗した方、窮屈(きゅうくつ)な思いをされた方も違いを感じて頂ければ幸いです

【コンテンツの文章の一部又は全部の複製を禁じます】(c)大きい貸衣裳byブライダル衣裳絹







これ以外のものはページ下の「種類で選ぶ」にあります

(※注)女袴と男袴では測る位置が異なります
  • 女袴
  • 男袴
  • ドレス
  • 見つけ方


レンタルの流れ
採寸
(1)【測り方ページ】を見て測ります
選び
(2)【着物の種類】→【サイズ】→【選ぶ/ご注文】
宅配
(3)【お届け/ご使用の2日前】 *ホテル・結婚式場・美容室へ直送できます
着用
(4)【ご着用/ご使用当日】 *クリーニングは不要です
宅配
(5)【ご返却/ご使用の翌日】*たたみ方の説明書付 *同梱ラベルを貼って電話→お引取り 

*測り方や各衣裳ページをよくお読み下さい。*お安い物は難ありです
※ネット価格には試着・オプション品グレードアップ・サイズ直し・取寄せ・制作等の費用は一切含みません (別途)


選ばれる理由
着れない物は貸しません!
他店で借りて入らなかった。とのお電話を多く頂きます。着物やドレスは生地が伸びず、ウエスト部がくびれているなど普段着とは全く違います。普段着のサイズで注文したら入らないのです。
着物やドレスは本来自分の体型に合わせて作る物。身長が同じでも胴回りや手足の長さは皆違いますから、当店では実際のサイズを伺って頂き、着れるかを判断します。ネットや宅配だからこそ本当に着れる事が重要だと考えます。

オーダーサイズなのにお手頃!

ホテルで ここより10-20cm小さい留袖でも、小物なしで15万円と言われましたが、もっと大きいのに3分の1で借りられました。試着に来ても安かったです(東京都 S様)」「呉服店で ヒップ120cm以上の振袖は100-150万だと言われ、あきらめかけてました(神奈川県 K様)」などたくさんのお言葉を頂いております
標準サイズは海外工場で大量に機械で染めミシンで縫うので安く作れますが、大きい物・小さい物は工場の規格外となり日本国内で職人の手染め、手縫いで行うため海外製の何十倍にもなります。さらに着物が特注サイズならば、帯やひもなどの着付小物1本1本まですべて特注サイズでなければ間に合いません。そのためレンタルも何十倍になるのが普通です。当店は試着をやめ、小物をおまかせにすることでコスト削減しています

痛さや窮屈を感じない余裕を持った着物や小物をご用意
着物が痛い、窮屈なのはそういうものだからとガマンしていませんか? 着物の大きさとご自身の体型が合ってないから起こるのです。着物が小さいときゅう屈になり、着物が狭く帯・小物が短いとキツく締めるから痛くなるのです。
当店では今までの着物にはなかった工夫を施す事で、現代的な体型の方でも痛くないような余裕をもった着物を作っています。


着れてよかった!をあなたにも
店舗で下見・採寸・試着ができるから安心
他で借りて入らず心配で見に行きたいという方も多いです。当店は店舗があるので下見・採寸・試着ができ安心! 毎週、全国からご来店頂いています。大宮から80分/上野100分/東京107分
(新幹線最短)

電話で伺ったサイズと店で測ったサイズが10cm以上違い、来てなければ入らなかった方も多いです。
際に店舗で借りられている衣装だから安心
ネット専用で安い衣装を貸す所もあるようですが、当店では実際にお店でお客様に選ばれている衣装を載せていますので安心です

   
  • 行き方
  • お客様の声



【当店の超ワイド着物の場合】
トールワイドサイズ着物のサイズ感
青い着物は他店で「大きいサイズ」と書いているLサイズ、黒/ピンクの着物は当店の「超トールワイドサイズ」巾と長さがケタ違いに大きいです

着物の巾から着れるかどうかを知る方法

【当店の超ワイド巾はかまの場合】
普通袴とワイド袴の比較
左は普通巾(ヒップ90cm前後まで用)、右は当店オリジナルの超ワイド巾(ヒップ120-140cm用)
同じ長さの袴ですが、巾の違いが一目瞭然
ぽっちゃりな方は袴の長さだけなくで巾も考えて!

サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

サイズ・ブランドで選ぶ