大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをレンタル

大きいサイズの留袖・振袖・訪問着・紋付・袴

衣裳の種類で探す

ココにないものは下のほうにあります



同じではない

Lとは裄のこと
裄の写真
裄2cmでLサイズ
大きくならない
つくりました










今までの着物ではなぜ着れなくなったのでしょうか?

その原因は日本人の体型が変わってきたから。特に平成生まれは親と同じ身長でも手足が長く、本来の胴長短足をカバーするための着物がカラダに合わなくなったのです。

手足が長い、背が高い、ぽっちゃりなど現代体型に狭い小さい着物、短い帯、短いひもを持って来られると、ムリにキツくしめないと届かないので着付すると痛く苦しくなるのです


着付最高師範の美容師の先生が考案した痛くない着物とは?

◆着付していて着物と体型が合わなくなってきている、そのせいで着付の技術でなんともできない、物理的に痛くなる苦しくなる人が出ている。という事に気づいた先生は、これではいけないと思いました。

◆そこで 着付の苦痛を解消するために「肩幅、身丈、裄丈が大きい着物」をと日本中を探し回りましたが、どこにもありませんでした。今度は作ってくれるところを探し回りましたが、織機の巾が決まっているから「巾の広い大きい着物は作れない。ムリだと言われ、断られてしまいました。

◆そうなんです。近年は安く作って儲けを出すために 着物メーカーも海外の工場で機械で大量に作っている所が多く、一人一人のカラダに合わせたサイズを一から作る事ができないのです。そのため大きいサイズ、体型に合わせたサイズを作るには日本国内でオーダーメイドして作る事になります。生地を織るのも、染めるのも、縫うのも全て1点1点職人さんの手作業で行います。

しかし、何十年もやってきた職人さんですら作ったことのない大きさや形のため、「一度ではオーダー通りの大きさに出来ない事がほとんど」で、一度少し大きく作った物を、さらに別の職人さんに送り、「ほどいて特殊な縫い方で、より長くより巾広くする特殊な縫い方をしてもらう」ことで、「どこにもない特別な大きさ」を目指しています。

試行錯誤を繰り返し、半年以上の期間を掛けて作っていますが、結局あまり大きくならずに終わってしまうことも多いため、特にヒップ130cm以上の超大きいサイズは「奇跡のサイズ」と呼んで頂いているような状態です。このような理由から海外工場の機械で作られた安い既成品の着物や帯の10−20倍以上の高額になってしまうのです。

そのため呉服店で聞くとそんなに大きいのはできない。と断られたり、オーダーメイドなので着物単品で最低150-200万円以上かかる。帯も帯締めも全部特注だから全部揃えるとものすごい金額になる。と言われたそうです。

◆安い店で貸している物の20倍以上かかっているのですから、当然、20倍の金額をもらって貸さなければ当然採算が合いません。

◆打掛であれば、東京や大阪の高級ホテルや有名結婚式場の衣裳室に納入しているメーカー
で作られていて、普通サイズでも80-100万円以上でレンタルされている品質の物ですから、安い値段で出回っているはずがありません。

しかし、当店のネットレンタルでは、試着や下見を省き、帯や小物のコーディネートをおまかせにすることで、人的コストをカット。さらにホテルや結婚式場を通さず、お客様に直接レンタルすることで中間マージンもカット。

これらの企業努力により手の届く価格でのレンタルを実現。「交通費をかけても安かった」と言うお客様も増えています。 失敗しない測り方
他で借りて入らなかった原因とは?

◆大きいサイズを選んだのに入らなかったケース 「大きいサイズ」と書かれていても「背が高い」のと「ぽっちゃり」では全く違います。背の高さやぽっちゃり具合で着れる限界があるから、具体的な大きさが数字で示されてなければダメ

◆Lサイズの着物を選んだのに入らなかったケース 着物業界で「Lサイズ」とは裄丈(背から手首)がMサイズより2cm長い(2Lは4cm) 事。袖巾は広いが胴の部分(身丈や身巾)はほぼ同じなので、背が高い人やぽっちゃりな人にはキツイ

◆号数で選んだのに入らなかったケース 普段着は伸びる生地やウエストがゴムで、表示より大きく作られていますが、 【着物やドレスは生地が伸びません】【着物はバストが狭く】【ドレスはウエストがくびれています】【号数はメーカーによりバラバラ】で入らない

◆身長で選んだのに入らなかったケース 同じ身長でも手足の長さや胴回りは違う

◆値段で選んだために入らなかったケース 着物はフリーサイズではなく、身長・バスト・へそ周り・ヒップ・腕の長さ)により着れるかどうかは決まる。 安いものは古く生地が小さい


※当店では【一枚一枚実際の大きさを測って表示】し【部分部分をしっかり大きく改良】するなど「今までない、他にない 工夫で これらを解決



◆自分のサイズを正確に測り、知り、選ぶ事でサイズの失敗を無くしましょう
  • 女着物の測り方

  • 男紋付の測り方

【注意】袴は男女で測る場所が違います
  • 女袴の測り方

  • 男袴の測り方

  • ドレスの測り方


レンタルの流れ

採寸
1)【採寸】◆正しく測る事が失敗しないポイント!(上の測り方参照)

選び
2)【衣裳選び】身長が同じでも胴回りや手の長さは違うから
サイズ選びのポイント サイズ選びのポイント

3)【注文、決済】
*確実なお届けのため、ネットでは「使用日の63日前までに」ご注文下さい。以降はお受けできるかどうかをお電話で確認下さい

宅配
4)【到着】3泊4日レンタル(基本料金)の場合、 使用日の2日前にお届け*ホテル・式場・美容室へ直送も可能!
宅配ボックス対応サイズの箱でのお届けを始めました(留袖・訪問着・子供着物などに限ります。袴・打掛・ウエディングドレスなど大型の衣裳は除きます)

着用
5)【着用】 ご使用当日にご着用 *クリーニング不要!

宅配
6)【返却】 ご使用の翌日*返却ラベルを貼り電話→運送会社が引取り

*「よくあるご質問」もご覧下さい

注文に関するお役立ち情報

  • 衣裳の見つけ方

  • 電話注文の仕方

  • よくあるご質問


    お客様の声

    「今まで着物を着るときゅう屈で肩がこって着るのがイヤで早く脱ぎたいと思いましたが、今回は本当に1日着ても本当にラクでした。着物を着るのが好きのなりました」神奈川県 S様

    まさに当店が提唱する「痛くない着物」効果です。
    体型に合わない小さいサイズの着物や短い長さの帯を持って来られると開かないようムリにキツく着付けしなければなりません。
    そのせいで「着物は苦しい、痛い」というイメージになっています

    「届いた実物の方がステキでした」兵庫県 A様

    通販の服を開けてガッカリした経験ありませんか? このサイトではそんな事のないよう気をつけています。
    着物やドレスは着た人のスタイルがそのままアウトラインになり、見え方が全く変わります。
    そのためスタイルの良いモデルが着た写真はできるだけ使わないようにしました。
    またスマホ画面が鮮やかになり、本来の染物が持つ落ち着いた中間色の色合いが全て原色になるため、あえて鮮やかさを抑えて実際の布地に近づけるよう調整しています

    「ネットなので心配でしたが、電話したらちゃんと人が出たので安心しました」東京都 O様

    他店でネット注文し前日になっても届かず、あわてて当店へ来店される事があります。
    他店でそのような経験をされた方が当店へ全国から新幹線や車、LCC、高速バス等で来店されております。
    来店されない方には電話相談、電話注文をオススメしています

    • お客様の声


    選ばれる理由

    サイズで失敗しない工夫
    他で借りて入らなかった。とのご相談を多数頂いています。
    着物やドレスは普段着と違い生地が伸びないため、普段着のサイズ(SMLや号数)で注文すると入らないのです

    同じ身長でも胴回りや手足の長さは違いますから、当店では1枚1枚実物を測り、巾は右端から左端までの全体巾で、尺は使わずセンチで表示するなど分かりやすいような工夫を行っています

    特注品なのに手が届く価格

    ヒップ120cmだと150万かかると言われた。など多数ご相談頂いております。海外の工場で大量に作る安価な普通サイズとは異なり、大きい物は日本国内で職人が手づくりするため何十倍もかかり、レンタル料も何十倍になります。
    当店では試着を省き、小物おまかせなどによるコスト削減でホテルや結婚式場でのレンタルよりもお手頃な価格を実現!

    痛くない着付のために開発された着物
    当店ではプロの美容師に着付けを教える先生が、現代的な体型でも痛くない着付ができるよう考案した着物をご用意。
    【開発者/今野秀先生プロフィール】
    全日本美容講師会 最高師範、国家検定一級着付け技能士、百日草花粧会元講師、百日草茜会元講師など


    店舗で試着できるから安心
    入らない経験をした方に安心して確実に着て頂くため、完全予約制・オプション(試着・下見・採寸のみの方は有料)で、店舗で下見・採寸・試着も別途承ります(子供衣裳は配送センターで保管のため下見試着不可)

    毎週、全国からご来店頂き「意外に近かった」との感想を頂いています。
    【仙台から12分/ 大宮から80分/上野から100分/東京から107分】(新幹線最短)
       
    • 店舗の行き方

店舗レンタル品質だから安心
ネット専用に安価な衣装を貸す所もあるようですが、当店では実際に店舗でお客様が見て選んでいる衣装を載せているので安心です
  • 初めてのお客様へ

サイズ感の違い

Lサイズ

【当店の超ワイド着物】
超ワイドサイズとLサイズの比較
青い着物は他店で「大きいサイズ」と書いているLサイズです。着物業界でLサイズとは、袖巾が2cm広い物を言います。※胴回りの身幅(ヨコ巾)や身丈(タテの長さ)が大きくなるわけではありません。
黒/ピンクの着物は当店の「超トールワイドサイズ」今までの業界の常識や他店ではできなかった胴回りの巾や丈までも本当に大きくすることで痛くなく着付けできる大きさを確保しています

着物の巾から着れるかどうかを知る方法

【当店の超ワイド袴】
普通袴とワイド袴の比較
左は普通巾(ヒップ90cm前後まで用)、右は当店オリジナルの超ワイド巾(ヒップ120-140cm用)
同じ長さの袴ですが、巾の違いが一目瞭然
ぽっちゃりな方は袴の長さだけなくで巾も考えて!


取り組み

  • 復興支援活動

  • 北海道募金の報告

  • 西日本募金の報告


東京・横浜での貸衣裳騒動に関しての当店の見解と取り組みについて>>

予約済みになった人気衣裳

もっと見る

大きいサイズの留袖レンタル (新作紹介)

もっと見る


  • 衣裳の見つけ方


  • 電話注文の仕方


  • よくあるご質問
「着るのはムリ」と断られた方にも「本当に着れる大きさと喜び」を!

体型に合わない物をムリに着せられて「キツい」「苦しい」思いをした方に、「余裕のある大きさ」を!



【当店の超大きいサイズは、他にない特別な大きさ】

「あなたの体型だと着物だけでも150-200万円はかかる」とか「ヒップ120cm以上だと着物はムリです」と言われ、着物をあきらめかけたお客様のため、特別に大きい巾で生地から作ってもらい、裏地や比翼まで特別に大きい物を使って、特別サイズに縫ってもらった他にはないお着物です。

「短い袴や狭い着物はなぜダメなの? 」について>>>


着物の生地はたった1.5cm大きいだけで広幅と言われ、反物の値段が数倍高くなります。当店の超大きいサイズはさらに大きい生地を使っていますのでものすごくコストがかかっております。帯や帯締め、ひも類も特別に長いサイズを作っています。

同じ巾の反物を同じ会社に縫製に出しても、同じサイズに出来上がってくる事はほとんどありません。身丈.身幅が前よりも小さく出来上がって来る事が多いです。
特にヒップ120cm以上の超ワイド着物は、数十枚作って1枚成功するかどうかで、何回か縫い直してようやく数センチ大きくなるような試行錯誤をして完成したものです。そのため『奇跡のサイズ』と呼んで頂いています


【締切は使用日の 62日前(9週前)までです
カレンダーで9週前をたどると分かりますが、10/1使用の場合は7/29までです。
1/14使用の場合は11/12までです。3/18使用の場合は12/17までです。
締切後の注文はお届けが間に合わないため、店舗に来た方のみ受付。来店しない場合は差額と往復送料が必要帯・小物等は既製品(普通サイズ)で調達となります


【サイズで失敗しない取組み】
他店でSMLや号数で借りて入らなかった方のご相談が多いため、
当店ではこのようなアバウトな表示は使わず
実際の大きさをセンチで表示することで、確実に着れる事を目指します



【グレードアップについて】
高級ロング帯のレンタル、ストレッチ足袋の新品販売、かんざしレンタルなどグレードアップを望まれる方の対応をはじめました



【ご注文に際して】
表示価格は閑散期の単品レンタル3泊4日おまかせ価格で、使用日まで残り62日以前に注文された場合に限ります。帯、小物、草履等のコーディネートやグレードアップ、取寄せ、サイズ直し、下見、試着、採寸等の差額や費用は一切含んでいません。頁下の特定商取引法に基づく表示や 商品詳細頁の説明等を読んで了承の上ご注文願います。これを前提にお受けし対応します。

種類で選ぶ

サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

種類で選ぶ

サイズ・ブランドで選ぶ