大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをネットレンタル

【男紋付の選び方】 男性の紋付羽織は「裄」で選びます。
同じ身長でも手足の長さは人それぞれ異なり、身長表示はあくまでも標準体型の目安です。
手足が長い、肩幅がある、体が太い場合にはより長く、手足が短い、なで肩の方は短くなります。
また海外の方は細身でも日本人よりも手足が長いため、裄がかなり長くなります。

サイズで失敗しないために「男紋付の選び方」のページをご参照頂き必ず実寸を測ってお選び下さい




【サイズで失敗しないための測り方】↓
  • 着物

  • 女袴

  • 紋付

  • 男袴




【ご注意 / 衣裳名の前のマークの意味】
『SOLDOUT』予約日注意=使用できない日あり
『SALE』状態注意=衣裳の状態による値下げ
『NEW』サイズ注意=着用実績がなく、表示サイズまで着られるか未確認。

男紋付

291商品

サイズ順 レンタル価格順 新着順

291商品 1-15表示
291商品 1-15表示
男子紋付・袴レンタル内容
◆男子紋付・袴レンタルの内容
【紋付2点】紋付羽織+長着(着物) ※基本料金はこの2点の金額です
以下、すべてオプションとなります
【3点】上記2点+襦袢(じゅばん/白半衿付)
【3点+小物】上記3点+ 衿芯(えりしん)+腰紐(こしひも)2本+羽織紐(はおりひも)+末広(すえひろ/白扇子)
【3点+小物+足袋+雪駄】上記+足袋(たび)+雪駄(せった/男草履)※サイズにより変わります

以下、「袴ページ」でお選びになり別途ご下さい
【袴単品】男袴(はかま)のみ
【袴+帯】袴+角帯(かくおび/袴下帯)

※黒紋付を婚礼挙式(結婚式)でご利用される場合は羽織紐は白、雪駄の鼻緒は白をお付けします。
※それ以外(披露宴の色紋付、成人式、卒業式など)でご利用の場合には色おまかせとなります。


フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、地域や着付の流派により小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付をされる美容室等へご確認下さい。
※美容師、着付師さんからタオル・脱脂綿・ガーゼ等が必要と言われた場合にはご自身で必要な量をご用意下さい。


人やマネキンが着用した写真は全て着用例のため、レンタルできない撮影用の帯や小物を使用しておりますのでご了承下さい。
身長のほか、バスト、ヒップ、裄丈が分からないと着れるかどうかの判断はできません。下にあるサイズの測り方の写真を参照して各部分を測って下さい。
各衣裳の詳細は、各衣裳のページへ行きますと写真の下のほうに記載されておりますので、必ずご確認下さい。


【選び方・測り方はこちら】
女物と男物では測り方・位置が異なります    
  • 見つけ方

  • ご注文方法
【着物が苦しいのは、身体の大きさに合ってないから】
【失敗しない着物選びとは】↓
  • 着物

  • 女袴

  • 紋付

  • 男袴
【失敗しないドレス選びとは】↓
  • ドレス
  • よくある質問
【着れてよかった!をあなたにも】
  • 手紙と評価

  • 行き方


サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

サイズ・ブランドで選ぶ