大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをレンタル
【男紋付の選び方】
男性の紋付羽織は「裄(ゆき)」で選びます。裄は着付では調節する事が出来ませんので大切です。裄が長いと手が出ません、短いと手首が出ます。
※胴回りが100cm以上の方はワイドサイズでないと入りません。まず「身幅」で探し、その中から「裄」の合うのものを選びます
同じ身長でも手足の長さは人それぞれ異なり、身長表示はあくまでも標準体型の目安です。
手足が長い、肩幅がある、体が太い場合にはより長く、手足が短い、なで肩の方は短くなります。
また海外の方は細身でも日本人よりも手足が長いため、裄がかなり長くなります。

サイズで失敗しないために「男紋付の選び方」のページをご参照頂き必ず実寸を測ってお選び下さい


サイズで失敗しない
ご自分のサイズを正確に測り知る事で、サイズ選びの際の失敗は無くせます
  • 紋付

  • 男袴


  • 紋付 裄で探す
  • 紋付 ワイド
  • 紋付 身長で探す
  • 男袴


レンタルの流れ
採寸
(1)【採寸】
選び
(2)【衣裳選び】→【ご注文】
宅配
(3)【お届け 使用の2日前】 *ホテル・式場・美容室へ直送できます
着用
(4)【ご着用 使用日】 *クリーニング不要
宅配
(5)【ご返却 使用の翌日】*たたみ方の説明書付 *同梱ラベルを貼り電話→引取り 

*測り方や各衣裳ページをよくお読み下さい。
※表示価格には試着・オプション品グレードアップ・サイズ直し・取寄せ・制作等の費用は含みません


選ばれる理由
確実に着れるようサイズ表示を工夫
他店で借りて入らなかった。ので、そちらのは本当に入リますか?とのお電話を多数頂いております。着物やドレスは生地が伸びず、ウエスト部がくびれており、普段着とは全く異なります。号数やSMLなど普段着のサイズで注文してしまうと入らないのです。
たとえ号数が同じでもデザインにより部分的なサイズは違いますので、当店では衣裳実物の大きさ測り、センチで表示する事で、お客様の身体が確実に入るかを判断しています。ネットや宅配で失敗して欲しくないから、確実に着れるサイズ表示が大切だと考えます

超高額な特注サイズ品なのに手が届くレンタル価格

ホテルで ここより10-20cm小さい留袖でも、小物なしで15万円と言われましたが、もっと大きいのに3分の1で借りられました。試着に来ても安かったです(東京都 S様)」「呉服店で ヒップ120cm以上の振袖は100-150万だと言われ、あきらめかけてました(神奈川県 K様)」などたくさんのお言葉を頂いております
標準サイズは海外工場で大量に機械で染めミシンで縫うので安く作れますが、大きい物・小さい物は工場の規格外となり日本国内で職人の手染め、手縫いで行うため海外製の何十倍にもなります。さらに着物が特注サイズならば、帯やひもなどの着付小物1本1本まですべて特注サイズでなければ間に合いません。そのためレンタルも何十倍になるのが普通です。当店は試着をやめ、小物をおまかせにすることでコスト削減しています

痛くない着付けのための工夫を施した着物
着物は痛い、窮屈なものだと思い込み、ガマンしていませんか? それは着物の大きさとご自身の体型が合ってないから起こるのです。着物が小さいときゅう屈になり、着物が狭く帯・小物が短いとキツく締めるから痛くなるのです。
当店では今までの着物にはなかった工夫を施す事で、現代的な体型の方でも痛くないような余裕をもった着物を作っています。


着れてよかった!をあなたにも
店舗で下見・採寸・試着ができて安心
他で借りて入らなかったので心配。見に行きたいという方も多いですが、当店は店舗があるので下見・採寸・試着ができます 毎週、全国からご来店頂いています大宮から80分/上野100分/東京107分で意外に近かったと言われています
(新幹線最短)

電話で伺ったサイズと店で測ったサイズが10cm以上違っていて、来てなければ入らなかった方も多くいます
実際に店で借している衣装だから安心
ネット専用に安い物を貸す所もありますが、当店は実際にお店でお客様に選ばれている衣装を載せています

   
  • 行き方
  • お客様の声



【当店の超ワイド着物の場合】
トールワイドサイズ着物のサイズ感
青い着物は他店で「大きいサイズ」と書いているLサイズ、黒/ピンクの着物は当店の「超トールワイドサイズ」巾と長さがケタ違いに大きいです

着物の巾から着れるかどうかを知る方法

【ご注意 / 衣裳名の前のマークの意味】
『SOLDOUT』予約日注意=使用できない日あり
『SALE』状態注意=衣裳の状態による値下げ
『NEW』サイズ注意=着用実績がなく、表示サイズまで着られるか未確認。
男子紋付・袴レンタル内容
◆男子紋付・袴レンタルの内容
【紋付2点】紋付羽織+長着(着物) ※基本料金はこの2点の金額です
以下、すべてオプションとなります
【3点】上記2点+襦袢(じゅばん/白半衿付)
【3点+小物】上記3点+ 衿芯(えりしん)+腰紐(こしひも)2本+羽織紐(はおりひも)+末広(すえひろ/白扇子)
【3点+小物+足袋+雪駄】上記+足袋(たび)+雪駄(せった/男草履)※サイズにより変わります

以下、「袴ページ」でお選びになり別途ご下さい
【袴単品】男袴(はかま)のみ
【袴+帯】袴+角帯(かくおび/袴下帯)

※黒紋付を婚礼挙式(結婚式)でご利用される場合は羽織紐は白、雪駄の鼻緒は白をお付けします。
※それ以外(披露宴の色紋付、成人式、卒業式など)でご利用の場合には色おまかせとなります。


フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、地域や着付の流派により小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付をされる美容室等へご確認下さい。
※美容師、着付師さんからタオル・脱脂綿・ガーゼ等が必要と言われた場合にはご自身で必要な量をご用意下さい。


人やマネキンが着用した写真は全て着用例のため、レンタルできない撮影用の帯や小物を使用しておりますのでご了承下さい。
身長のほか、バスト、ヒップ、裄丈が分からないと着れるかどうかの判断はできません。下にあるサイズの測り方の写真を参照して各部分を測って下さい。
各衣裳の詳細は、各衣裳のページへ行きますと写真の下のほうに記載されておりますので、必ずご確認下さい。

男紋付

323商品のうち

サイズ小→大の順 レンタル料安い順 登録の新しい順

323商品のうち  1-12表示
323商品 1-12表示
男子紋付・袴レンタル内容
◆男子紋付・袴レンタルの内容
【紋付2点】紋付羽織+長着(着物) ※基本料金はこの2点の金額です
以下、すべてオプションとなります
【3点】上記2点+襦袢(じゅばん/白半衿付)
【3点+小物】上記3点+ 衿芯(えりしん)+腰紐(こしひも)2本+羽織紐(はおりひも)+末広(すえひろ/白扇子)
【3点+小物+足袋+雪駄】上記+足袋(たび)+雪駄(せった/男草履)※サイズにより変わります

以下、「袴ページ」でお選びになり別途ご下さい
【袴単品】男袴(はかま)のみ
【袴+帯】袴+角帯(かくおび/袴下帯)

※黒紋付を婚礼挙式(結婚式)でご利用される場合は羽織紐は白、雪駄の鼻緒は白をお付けします。
※それ以外(披露宴の色紋付、成人式、卒業式など)でご利用の場合には色おまかせとなります。


フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、地域や着付の流派により小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付をされる美容室等へご確認下さい。
※美容師、着付師さんからタオル・脱脂綿・ガーゼ等が必要と言われた場合にはご自身で必要な量をご用意下さい。


人やマネキンが着用した写真は全て着用例のため、レンタルできない撮影用の帯や小物を使用しておりますのでご了承下さい。
身長のほか、バスト、ヒップ、裄丈が分からないと着れるかどうかの判断はできません。下にあるサイズの測り方の写真を参照して各部分を測って下さい。
各衣裳の詳細は、各衣裳のページへ行きますと写真の下のほうに記載されておりますので、必ずご確認下さい。


【選び方・測り方はこちら】
女物と男物では測り方・位置が異なります    
  • 見つけ方

  • ご注文方法
【着物が苦しいのは、身体の大きさに合ってないから】
【失敗しない着物選びとは】↓
  • 着物

  • 女袴

  • 紋付

  • 男袴
【失敗しないドレス選びとは】↓
  • ドレス
  • よくある質問
【着れてよかった!をあなたにも】
  • 手紙と評価

  • 行き方


種類で選ぶ

サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

種類で選ぶ

サイズ・ブランドで選ぶ