大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをネットレンタル
「こんな時は何を着ればいいの?」冠婚葬祭の際の着物 その1
「振袖には3種類ある!」 振袖は未婚の女性の第一礼装です。
でも用途によって3種類あります。

【大振袖(おおふりそで)】引き振袖、引き振り、お引きづり、お引き などとも呼ばれる婚礼用の振袖。
結婚式で花嫁が挙式または披露宴で着るため、打掛のようにお引きづりをし写真を撮れるように、
中振袖(成人式で着る一般的な振袖)よりも身丈が長くできている。
お引きづりで着付をした時は右手で褄取り(つまどり)をして歩く。
おはしょりをして一般的な振袖のように着付けをする事もある(披露宴で着る場合に多い)
また、打掛の中に掛下の代わりとして着ることもある。
袖丈(袖の長さ)は3尺(113cm)以上が多い(身長や時代によってはもう少し短い)
帯は丸帯を締める。帯結びはふくら雀が基本だが変わり結びも可能。
掛下のように箱せこ・抱え帯をつける。

【中振袖(ちゅうふりそで)】いわゆる振袖。成人式、結納、お呼ばれ、パーティの際などに着用。
袖の長さは3尺(113cm)または 2尺8寸5分(108cm)が多い(身長や時代によってはもう少し短い)
帯は袋帯を締める。留袖・訪問着に締める時の袋帯よりも色や模様が華やかなものを締めるのが一般的。
帯結びは変わり結びをするのが一般的。抱え帯や箱せこはつけない。

【小振袖(こふりそで)】二尺袖(にしゃくそで)とも言われる。卒業式の袴を履く時に着る。
袖の長さは2尺(76cm)前後で、袴とのバランスが良い袖の長さとなっている。
帯は袴下帯(半幅帯)を締め、その上に袴を着付けるのが一般的。
帯結びは一文字、袴の前紐をかけ、ずり落ちないようにする目的がある。

(C)大きい貸衣装byブライダル衣裳絹・安部美容院 監修:今野秀(安部美容院)・コピペを禁じます http://abebs.net

 

  • 女着物
  • 紋付

(※注)女袴と男袴では測る位置が異なります
  • 女袴

  • 男袴
  • ドレス
  • よくある質問



ここにない物はページ下のほうにあります



押して詳細へ移動

レンタルの流れ
採寸
(1)【採寸】「測り方ページ」を見て、正確に採寸します
選び
(2)【選択】まず「着物の種類」を選びます→ 次に 手足が長い方、背が低くやせた方は「腕の長さで選ぶ」、背が高い方は「身長で選ぶ」、胴回りが大きい方は「胴回りで選ぶ」を押します→ ご自分の「該当サイズ」の中から選びます。
他店で多い<失敗>を防ぐため、あらかじめ着れるかどうか必ずお電話でご確認下さい。そのまま電話注文も可能です。
宅配
(3)【お届け】ご使用の2日前に到着(3泊4日基本の場合) *ホテル・結婚式場・美容室へ直送できます
着用
(4)【ご着用】ご使用当日 *座り方など当日の説明書が入っています *クリーニングは不要です
宅配
(5)【ご返却】ご使用の翌日 *たたみ方などの説明書が入っています *同梱のラベルを貼って電話すると引取りに来ます 

※ネット価格には試着・オプション品のグレードアップ・サイズ直し・取寄せ・制作等のコストは含まれません(別途必要) 同じサイズ中で安い物は告知事項が有ります。必ずご確認下さい
測り方ページ、各衣裳ページにある注意事項をよくお読み下さい。

サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

サイズ・ブランドで選ぶ