大きいサイズの振袖.留袖.訪問着.紋付.袴.ドレスをネットレンタル
【男袴、男子袴の測り方】
女袴の測り方はこちら


袴の測り方


【袴丈とは】
袴丈とは袴の前側の紐下寸法の事です。
女袴と男袴で測り方が違うのは、男女で袴下帯を締める位置が異なるためです。

このページは「男はかま」のページです。
「女はかま」については『女袴のページへ』

【男袴・男子袴の袴丈の測り方】
腰骨から足首のぐりぐり(くるぶし)までの長さを測ります
※腰骨が分かりにくい方は、へそから指1本下から足首のくるぶしまでを測って下さい
測ったサイズ±1cmが着用サイズです。着付では1-2cm程度しか調節できません。

なお、ここでご紹介していますのは、結婚式、成人式、卒業式など正式な式典に使用する行灯型(あんどんがた)=スカート型の男袴になります。式典以外(剣道、弓道、日本舞踊、能楽、歌舞伎、神職など)で使用する動きを重視した馬乗り(うまのり)付き袴=ガウチョパンツ型の袴とは異なります。

◆長さの目安

身長  袴丈(紐下)
80cm ==35-40cm 1才前後(お宮参り、1才記念)
95-100==45-50cm 3才前後(七五三の3才)
110cm ==55-60cm 数え5才前後(七五三の5才)
115cm ==60-65cm 満5才前後(七五三の5才)
120cm ==65-70cm 6-7才前後(七五三の7才)
130cm ==75-80cm 9-10才前後(1/2成人式、十才の祝い)
150cm ==80-83cm 13才前後(十三参り)
155cm==85-86cm 小学校卒業式〜
160 ==87-88
165 ==88-89
170 ==90-91
175 ==92-93
180 ==94-95
185 ==96-97
190 ==98-99
193-195 ==100 当店オリジナルサイズ
195-200 ==102-103 当店オリジナルサイズ
198-205 ==105-106 当店オリジナルサイズ

【注意ポイント】
※身長と袴丈の関係はあくまでも目安で個人差があります。
同じ身長でも腰の位置、足の長さ、お腹の出方はひとそれぞれ違うためです。体型によって1-2サイズ異なりますので必ず実寸を測って下さい。

※測る時は必ず前側でお腹の部分を通って測って下さい。お腹の出っぱり具合によっては着付をした時に持ち上がって短くなる方がいるためです。

※測った長さ±1cmが着用可能な袴サイズです。着付では1-2cm程度しか長さを調節できません。

※サイズ表にない長さの袴は特注品になります。当店では85cm以下、99cm以上の袴も制作してご用意していますのでご相談下さい

※測り方が分からない方、できない方、入るかどうか不安な方はご来店をオススメしています。 ご来店頂いた方にはお店で各部分を測り、サイズ直しを行い、着れるようにしてレンタルしています。


男袴

男子紋付・袴レンタル内容 男子紋付・袴レンタルの内容

【紋付アンサンブル3点セット】
1・紋付羽織
2・長着(着物)
3・襦袢/じゅばん(白半衿付)
【袴単品】
4・男袴/はかま
【紋付と袴を同時にレンタルされる場合は以下の小物もお付けします】
5・衿芯/えりしん
6-7・腰紐/こしひも2本
8・羽織紐/はおりひも
9・末広/すえひろ(白扇子)
10・角帯/かくおび(袴下帯)
11・足袋/たび
12・雪駄/せった(男草履)

※婚礼挙式(結婚式)でご利用される場合には羽織紐、雪駄の鼻緒は白のものをお付けします。
※婚礼挙式以外(成人式・卒業式など)でご利用の場合には色はおまかせとなります。



人物やマネキンが着用している写真は全て着用例です 撮影用にレンタルできない帯や小物を使用しておりますのでご了承下さい







これ以外のものはページ下の「種類で選ぶ」にあります

(※注)女袴と男袴では測る位置が異なります
  • 女袴
  • 男袴
  • ドレス
  • 見つけ方


レンタルの流れ
採寸
(1)【測り方ページ】を見て測ります
選び
(2)【着物の種類】→【サイズ】→【選ぶ/ご注文】
宅配
(3)【お届け/ご使用の2日前】 *ホテル・結婚式場・美容室へ直送できます
着用
(4)【ご着用/ご使用当日】 *クリーニングは不要です
宅配
(5)【ご返却/ご使用の翌日】*たたみ方の説明書付 *同梱ラベルを貼って電話→お引取り 

*測り方や各衣裳ページをよくお読み下さい。*お安い物は難ありです
※ネット価格には試着・オプション品グレードアップ・サイズ直し・取寄せ・制作等の費用は一切含みません (別途)


選ばれる理由
着れない物は貸しません!
他店で借りて入らなかった。とのお電話を多く頂きます。着物やドレスは生地が伸びず、ウエスト部がくびれているなど普段着とは全く違います。普段着のサイズで注文したら入らないのです。
着物やドレスは本来自分の体型に合わせて作る物。身長が同じでも胴回りや手足の長さは皆違いますから、当店では実際のサイズを伺って頂き、着れるかを判断します。ネットや宅配だからこそ本当に着れる事が重要だと考えます。

オーダーサイズなのにお手頃!

ホテルで ここより10-20cm小さい留袖でも、小物なしで15万円と言われましたが、もっと大きいのに3分の1で借りられました。試着に来ても安かったです(東京都 S様)」「呉服店で ヒップ120cm以上の振袖は100-150万だと言われ、あきらめかけてました(神奈川県 K様)」などたくさんのお言葉を頂いております
標準サイズは海外工場で大量に機械で染めミシンで縫うので安く作れますが、大きい物・小さい物は工場の規格外となり日本国内で職人の手染め、手縫いで行うため海外製の何十倍にもなります。さらに着物が特注サイズならば、帯やひもなどの着付小物1本1本まですべて特注サイズでなければ間に合いません。そのためレンタルも何十倍になるのが普通です。当店は試着をやめ、小物をおまかせにすることでコスト削減しています

痛さや窮屈を感じない余裕を持った着物や小物をご用意
着物が痛い、窮屈なのはそういうものだからとガマンしていませんか? 着物の大きさとご自身の体型が合ってないから起こるのです。着物が小さいときゅう屈になり、着物が狭く帯・小物が短いとキツく締めるから痛くなるのです。
当店では今までの着物にはなかった工夫を施す事で、現代的な体型の方でも痛くないような余裕をもった着物を作っています。


着れてよかった!をあなたにも
店舗で下見・採寸・試着ができるから安心
他で借りて入らず心配で見に行きたいという方も多いです。当店は店舗があるので下見・採寸・試着ができ安心! 毎週、全国からご来店頂いています。大宮から80分/上野100分/東京107分
(新幹線最短)

電話で伺ったサイズと店で測ったサイズが10cm以上違い、来てなければ入らなかった方も多いです。
際に店舗で借りられている衣装だから安心
ネット専用で安い衣装を貸す所もあるようですが、当店では実際にお店でお客様に選ばれている衣装を載せていますので安心です

   
  • 行き方
  • お客様の声



【当店の超ワイド着物の場合】
トールワイドサイズ着物のサイズ感
青い着物は他店で「大きいサイズ」と書いているLサイズ、黒/ピンクの着物は当店の「超トールワイドサイズ」巾と長さがケタ違いに大きいです

着物の巾から着れるかどうかを知る方法

【当店の超ワイド巾はかまの場合】
普通袴とワイド袴の比較
左は普通巾(ヒップ90cm前後まで用)、右は当店オリジナルの超ワイド巾(ヒップ120-140cm用)
同じ長さの袴ですが、巾の違いが一目瞭然
ぽっちゃりな方は袴の長さだけなくで巾も考えて!

サイズ・ブランドで選ぶ

モバイルショップ

サイズ・ブランドで選ぶ