大きいサイズまでの振袖袴・留袖・訪問着・着物ドレスレンタル
MH93-10男袴レンタル(身長170-175cm前後)白銀ストライプ 山吹ぼかし

MH93-10男袴レンタル(身長170-175cm前後)白銀ストライプ 山吹ぼかし

◆この衣裳について(サイズなど)
普通サイズの男袴(身長170-175cm前後)

◆レンタル価格について
◆当店ネットレンタル価格(単品・基本日数・閑散期)29,000円(税込31,900円) ※下見・試着なし

◆店舗オーダーレンタル価格  80,000円(税込88,000円)※ホテル式場での参考価格

◆限定   1 限りです

     
◆オプション・使用月をお選び下さい        
袴のみ
袴+帯(普通)



  • ◆オプションの内容と価格◆


  • ◆レンタルの規定(変更解約等)◆

  • ◆電話注文の方法◆




    *帯を選びたい方や ホテル.式場.叙勲などワンランク上のご着用に*
    ◆グレードアップ帯(ロング)レンタル◆


    ◆髪飾り.かんざしレンタル◆


    【重要】注文方法と締切日
    ◆宅配送り【使用日の2か月前締切、電話と店舗来店で受付】
    ◆店舗で引取【使用日の1か月前締切、店舗来店でのみ受付】
    ※一点物のため、結婚・卒業・成人式シーズンは同じ日に同じサイズが集中し小物が不足し、20点全て特別サイズで揃えるのにかなり日数がかかります
    また年末年始、年度末・始め、連休、お盆、台風、人員不足など宅配業者側の問題でお届けが出来なかったり、お届け日数が多くかかります。残り日数が少ないとご使用日まで届かない事があります
    ご使用日の2日前までに確実にお届けするために、締切前でも1日でも早くご注文下さい




    オプション



    留袖セット
    ◆留袖の各セット内容はこちら◆
    【1点】着物のみ(単品) 基本のレンタル料金
    【2点】着物に 襦袢(じゅばん・白半衿(はんえり)付)をプラス
    【5点】上の2点に 帯+帯締め+帯揚げをプラス
    【7点】上の5点に 草履(ぞうり)+バックをプラス
    【18点】上の7点に 着付小物(*衿芯(えりしん)1 *帯板(おびいた)1 *帯枕(おびまくら)1 *腰紐(こしひも)4 *伊達巻(伊達締め)2 *着付ベルト1 *末広(扇子)1)の11点をプラス
    【20点フルセット】上の18点に 足袋(たび)+着物スリップ(肌着裾よけ)をプラス


    ※フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、着付の流派や地域によって小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付を行う美容室へご確認下さい
    ※タオル・脱脂綿・ガーゼ等が別途必要な場合は衛生品・消耗品に付き、ご自身でご用意下さい





    訪問着20点フルセット
    ◆訪問着の各セット内容はこちら
    【1点】着物のみ(単品) 基本のレンタル料金
    【2点】着物に 襦袢(じゅばん・白半衿(はんえり)付)をプラス
    【5点】上の2点に 帯+帯締め+帯揚げをプラス
    【7点】上の5点に 草履(ぞうり)+バックをプラス
    【18点】上の7点に 着付小物(*衿芯(えりしん)1 *帯板(おびいた)1 *帯枕(おびまくら)1 *腰紐(こしひも)4 *伊達巻(伊達締め)2 *着付ベルト1 *伊達衿(重ね衿)1)の11点をプラス
    【20点フルセット】上の18点に 足袋(たび)+着物スリップ(肌着裾よけ)をプラス


    ※フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、着付の流派や地域によって小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付を行う美容室へご確認下さい
    ※タオル・脱脂綿・ガーゼ等が別途必要な場合は衛生品・消耗品に付き、ご自身でご用意下さい





    <img src=
    ◆振袖の各セット内容はこちら◆
    【1点】着物のみ(単品) 基本のレンタル料金
    【2点】着物に 襦袢(じゅばん・白半衿(はんえり)付)をプラス
    【5点】上の2点に 帯+帯締め+帯揚げをプラス
    【7点】上の5点に 草履(ぞうり)+バックをプラス
    【21点】上の7点に 着付小物(*衿芯(えりしん)1 *帯板(おびいた)2 *帯枕(おびまくら)1 *腰紐(こしひも)5 *伊達巻(伊達締め)2 *着付ベルト1 *伊達衿(重ね衿)1 *仮ひも1)の14点をプラス
    【23点】上の21点に 足袋(たび)+着物スリップ(肌着裾よけ)をプラス
    【24点フルセット】上の23点にマラボーショール(オフ白)をプラス


    ※フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、着付の流派や地域によって小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付を行う美容室へご確認下さい
    ※タオル・脱脂綿・ガーゼ等が別途必要な場合は衛生品・消耗品に付き、ご自身でご用意下さい







    小振袖フルセット
    ◆小振袖の各セット内容はこちら◆
    【1点】着物のみ(単品) 基本のレンタル料金
    【2点】着物に 襦袢じゅばん(白半衿付)をプラス
    【11点】上の2点に 着付小物(*衿芯えりしん1 *腰紐こしひも4 *伊達締めだてじめ2 *着付ベルト1伊達衿だてえり1)の9点をプラス
    【13点】上の11に 草履ぞうりと巾着きんちゃくをプラス
    【15点】上の13に 着物スリップ+足袋たびをプラス

    はじめに「小振袖のページ」でお客さまの裄ゆきや胴回りに合う着物を選んでから、別途、身長や足の長さに合う袴を「袴のページ」で選んで下さい

    ◆袴の各セット内容はこちら◆
    【袴1点】袴のみ
    【袴2点】袴に 袴下帯(普通、ぽっちゃり用ロングを選択)をプラス

    ※小振袖着物(11点以上)と袴(2点以上)を同時レンタルの方には帯板1枚レンタルサービス


    ※フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、着付の流派や地域によって小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付を行う美容室へご確認下さい
    ※タオル・脱脂綿・ガーゼ等が別途必要な場合は衛生品・消耗品に付き、ご自身でご用意下さい





    男子紋付・袴レンタルフルセット
    ◆紋付の各セット内容はこちら◆
    【紋付3点】羽織はおり+着物(長着ながぎ)+襦袢じゅばん(白半衿付)基本のレンタル料金
    【紋付4点】上の3点に 雪駄せった(男草履)をプラス

    はじめに「紋付のページ」でお客さまの裄ゆきや胴回りに合う着物を選んでから、別途、身長や足の長さに合う袴を「男袴のページ」で選んで下さい

    ◆男袴の各セット内容はこちら◆
    【袴1点】袴のみ
    【袴2点】袴に 角帯かくおび(普通、ぽっちゃり用ロングを選択)をプラス

    ※紋付(4点以上)と袴(2点以上)を同時レンタルの方には、衿芯1、腰ひも2、羽織ひも(金または白)1、末広(白扇)1、足袋1の5点レンタルサービス


    ※フルセットは標準的な着付に必要な物を網羅していますが、着付の流派や地域によって小物の種類や数が異なることがありますので、あらかじめ着付を行う美容室へご確認下さい
    ※タオル・脱脂綿・ガーゼ等が別途必要な場合は衛生品・消耗品に付き、ご自身でご用意下さい
    br>




    モーニング

    【モーニングの各セット内容】
    【3点】ジャケット(上着)+ベスト(白襟付)+スラックス(パンツ)
    【6点】上記3点に ネクタイ+ポケットチーフ+サスペンダーをプラス
    【10点セット】上記6点に ウイングカラー(立ち襟)シャツ+アームバンド+カフスボタン+白手袋をプラス

    【シャツのサイズについて】
    ご着用頂いてちょうど良いシャツがあれば、その「首回り」サイズでお選び下さい
    シャツの首回りサイズは2cm刻みで S(36-37cm) M(38-39) L(40-41) LL(42-43) 3L(44-45) 4L(46-47) 5L(48-49) 6L (50-51) となります
    ※サイズにより差額があります(3L以上は特別サイズとなり、在庫確認が必要)
    「裄」はワンサイズですので、アームバンドで調節下さい
    「胴回り」はワンサイズですので、胸囲やへそ回りが110cm以上の方はボタンが閉まらない事があります
    「腕回り」もワンサイズですので、二の腕が太い方は入らない事があります

    ※靴や靴下はレンタルしていません

    人やマネキンが着用した写真は全て着用例のため、レンタルできない撮影用小物を使用しておりますのでご了承下さい。
    同じ身長でも胴回りや手足の長さは違いますため、身長だけで選んでしまうと合いません。
    最低限 肩幅、袖丈、胸回り、へそ回り、股下が分からないとどれが着れるかは判断はできません。上記「サイズの測り方」を参照し測って下さい。
    各衣裳の詳細は、各衣裳ページへ行きますと写真の下に記載されておりますので、必ずご確認下さい。


この衣裳の感想はまだありません








ながれ

1) 採寸
◆「測り方ページ」を見て、正しく測って下さい
※測り方は少し下にあります
採寸

2) 衣裳選び
◆身長が同じでもバスト・ヒップ・腕の長さは人それぞれ違うため、丈/巾/裄まで見て合う物を探します
◆どれが合うのか分からない、見つけられない人はお電話下さい
サイズ選びのポイント選び

3)注文・決済
電話か来店でお受けしています(式の延期が多いため)
*宅配送りは「使用日2カ月前」が締切、店舗引取なら「1ヶ月前」までOK

電話  ふり

4) お届け
使用日の2日前(※3泊4日の場合)
1)ホテル・式場・美容室へ直送対応(お客様自身で許可取りが必要)
2)宅配ボックス対応の箱でお届け (※袴・打掛・ドレス等大型品を除く)
宅配

5) 着用
ご使用当日
◆着用後のクリーニングは不要です
着用

6) 返却
ご使用翌日
◆同梱のラベルを貼り、郵便局・コンビニへ

宅配
*「よくあるご質問」もご覧下さい


はかりガイド

着物は「苦しい物」「フリーサイズでどれでも着れる」「どこで借りても同じ」
もしそう思っていたら 全て間違い


お客様の測り方、店選び、着物選びが分かれ道

◆大きいサイズを選んだのに入らない苦しいのはなぜ? 「大きいサイズ」と書かれていても「背が高い」のと「ぽっちゃり」では全く違います。着物の丈(たけ=長さ)巾(はば=胴回り)裄(ゆき=背中心から手首までの長さ)のそれぞれの大きさが、着る人の体型に合ってないと入らないのです

◆Lサイズの着物を選んだのに入らない苦しいのはなぜ? 着物業界で「Lサイズ」とは裄がたった2cm長い事を言います。たとえ裄が2cm長くなっても、丈や巾は変わらないものもあり、背が高い人やぽっちゃりな人には合わないのです

◆号数で選んだのに入らない苦しいのはなぜ?
普段着は生地が伸びるので大きめにできていますが着物やドレスは生地が伸びないので入らないのです

◆身長で選んだのに入らない苦しいのはなぜ?
同じ身長でも手足の長さ・バスト回り・へそ回り・ヒップ回りは人それぞれ違うため入らないのです

◆値段で選んだために入らない苦しい 着物はフリーサイズではなく、身長・バスト・へそ周り・ヒップ・腕の長さにより着れるかどうか決まります。安いものは以前の商品のため、昭和生まれの胴長短足体型に合わせて作ってあるため、狭く小さくできていて入らないのです


◆ご自身の採寸ミスで入らない苦しい
電話でヒップ120cmと言われ用意したところ、来店して採寸したらへそ回りが140cmあり入りませんでした。このような事は日常茶飯事です。 お客様の測り方によっては入らない事がありますので、来店されない場合は自己責任となってしまいます。

【そんな事にならないように】下記「測り方」をご参照頂き、各部分を正確に測り、必要なサイズを知る事が大切です。
胴回りは着用日までの変化も考え、上限ギリギリのサイズを避け、5-8cm程度余裕を持ったサイズをお選び下さい



【注意】袴は男女で測る場所が違います
  • 女袴の測り方

  • 男袴の測り方

  • ドレスの測り方


注文ガイド

  • 衣裳の見つけ方

  • 電話注文の仕方

  • よくあるご質問

レンタルの規定(変更解約等)を見る ※ご注文前に必ずお読み下さい